オスグッド・シーバー病、成長痛、野球肩・肘などスポーツのケガ、交通事故のケガの施術、パーソナルトレーニングなら、滋賀県近江八幡市の山本接骨院へ


〒523-0031 滋賀県近江八幡市堀上町318-5

平成18年7月開院 
10年以上無痛
療法(痛み無い手法)で安心・安全の実績!!

 

受付時間

9:00〜12:30
16:00〜20:00

定休日

日・祝、水・土の午後 木曜午前

お気軽にお問合せください

0748-33-1712

膝専門 施術  

最近は半月板損傷やオスグッドはよくなると言うことが周知されてきたようです。

20年前なら良くなるなんて考えられませんでした。

 


私の師匠(故 山田洋 先生)がその施術法を開発してから色んな場所でその施術法は、まがりなりとも活用されて来ました。

 

しかし、当院を目指して遠方から来られる方の多くは近隣の治療院での施術でその時は良くはなるけれども・・・。

 


何度も再発するというケースや、少しは良くなるんだけれどもまだ完全ではない、と言ったものが多く来院されています。

 

これは先ほど「まがりなりとも」と言う発言の通りなのです。

 

他の治療院に行っても治りにくい難治性のものは

正しい療法を受け継いだ内容の院長特殊施術での対応が一番最速です。

 

 

 

半月板損傷 ランニングひざ 変形性膝関節症 

内側側副靭帯損傷 ジャンプ膝 タナ障害など

膝の痛みや曲がらないなどの症状に対応可能!!

 

膝専門外来の中では特にオスグッドや半月板の損傷、変形性膝関節症など膝の痛みを持った方、

 

「正座ができない」「歩いたら痛い」「階段の昇降時に痛む」「じっとしていてもジンジン痛む」など悲痛な声が多く、当院でも一番多く症例をみているものです。

 

 

開業当時、特に膝の施術について勉強不足で力及ばず、痛みを取り切れずにおりました。

 

あまりにも自分の不甲斐なさを実感して自分で納得できる治療法を全国に模索して探し当て、弟子入りしてから早くも10年以上が経過しました。

 

苦手意識を持っていた膝の施術は得意になってしまいました。

 

 

このページを見ている方で膝に痛みがありどこに行っても良くならなかった方は是非来院ください。お手伝いさせていただきます。

 

しかし、私たちは基本的に身体が良くなるようにお手伝いするだけです。


神様ではありません。身体の良くなりたいという声に耳を傾け身体自身が良くなる手助けをするだけです。

 

結論、身体は良くなりたがっているのです。

 

どうすればどうなるかというのは、その身体に検査という事で聞いてみます。それぞれの身体の声に耳を傾けて最善の方法を尽くしていきます。

 

詳しくは、実際に個々でみさせて頂いてからお伝えしております。

 

 

追伸

膝は特に私が治したかった症例でしたので特に力を入れております。

 

近くの方でしたらしっかりと週に二、三回来て頂けるのであれば通常施術でも対応できると思います。

 

遠方(県外)の方は改善のために特殊施術一日に2、3回受けてください。

集中施術 (特殊施術) などは2日、3日(一日中)頂けると何とか出来る可能性はありますが、

 

一回で完治したい方は・・・お断りします。

 

当然一回目から結果は出します。しかし、

一回で少し痛みがその場で取れることと、完治することは異なります。

 

お互いに考え方が異なるので、お断りいたします。

 

よろしくお願いします。

 

※当院は予約制です。

初回の方は ライン 又は お電話でご予約下さい!!

受付画像.jpg

CIMG1785.JPG

さて、施術にとりかかりましょう!!

CIMG1789.JPG

施術前、痛々しいです。

CIMG1790.JPG

施術後はなんのその!!

最近は足首が硬い子が多いです。

正座しようとしても足首が硬くてやり難いみたいです。この足首もしっかり緩めていたないといけません。これからはしっかり身体のケアをしていきましょう!

CIMG1760.JPG

右足はここで痛み

CIMG1761.JPG

左足はここで痛み

感想文を頂きました↓

CIMG1765.JPG

息子を連れて来ました。正座が出来ない息子を初めて見てびっくりしましたが、先生の施術のもと走れるほどにもなりうれしく思いました。

息子の痛みに気付いてやれず、申し訳ないと思いました。

少しずつよくなるように来院したいです。光が見えてきました。ありがとうございました。

CIMG1767.JPG

施術を受ける前はすごく痛くて正座も出来ませんでした。

けど、施術を受けてから正座ができtらのでめっちゃびっくりしました。

走るときも痛かったけど全然痛くなくて前より早く走れるようになりました。

他の病院ではどうにもならないと言われましたが、山本接骨院にきたら良くなったのでびっくりしました。

サッカーの試合で今まで以上に活躍するだろうと思います(笑)チームの中に膝が痛い人が何人かいるので紹介してあげたいと思います。

右膝半月板損傷 (16歳 高校生)サッカー競技でコンタクトの際に負傷

CIMG1623.JPG

CIMG1624.JPG

歩くのも痛い。もちろんサッカーなんて痛くてできない。横になって右膝を曲げてもらうとこれくらいですでに痛みが出ます。

右膝で踏ん張ってもらったら90度くらいで痛くて曲げられない!

正座なんてもちろん出来ません!かなりの激痛です。

 

病院では絶対安静と言われ

半月板の除去手術を勧められており、競技から半年は離れないといけない・・・。

 

それではこのまま選手生命が終わってしまう・・・。

本人はかなり悩み、ネット検索して手術以外での対応できるとこはないのか?と必死で探され当院を発見!

藁をもすがる思いで来院さるという経緯でした。

 

 

 

まず、検査で確認したところ、歪みが酷かったです。

本人に聞いてみると前には腰や股関節に痛みなどが出ていたとのことです。

 

競技者は色んな痛みに耐えてきた方が多いです。

最近は病院でも出来るだけ手術をしないようにと言われることも多いですが、これだけ痛みが強いと流石に病院では手術に踏み切るしかないのでしょうね(T_T)

 

背中、腰、股関節などの緊張が超一流!!こんなんで褒められたくない。この方に限らず皆さん下半身だけでなく全身いろんな所が悪い(;´Д`)

 

院長特殊施術 を 午前・午後と計4回 行いました!

 

で、施術後は↓の通り!!「嘘!?痛くない!!」「なんで??×10」(笑)

 

 

CIMG1626.JPG

CIMG1627.JPG

踏ん張るのもしっかりできます。なんてったって正座ができた!!

 

遠方(名古屋)からの丸一日かけての大騒動でしたが、何とかなって良かったです(^^♪

本当はもう少しゆっくり身体になじませていくように施術をするのが一番良いのですが・・・。

 

遠方の方はその後、一ヶ月に一回のメンテナンスに来て頂いています。

 

今回で痛みはほとんど取れましたが、少しずつ運動になれていくようにしましょう!!いきなり100%では無理ですからね!!(;'∀')

 

 

 

 

ランナー膝 大学生(21歳)の場合

CIMG1613.JPG

CIMG1612.JPG

両膝の痛みが顕著・・・、ふらふらです(;´Д`)

よくガマンしてきたなぁ('◇')ゞ

その根性は認めますが・・・体を騙してきた代償は大きいですね。

なんたって二年間ガマンし続けてきたツワモノだ!!こりゃ大変だぁ~(泣)

 

 

施術開始

この子はすごいガマンしてきたせいで膝を触るだけでも痛くなるんです。

 

なかなか膝を触れないので膝以外の場所から施術していきました。

急がば回れ!!周りまくってなんとか膝の施術へ!ここからがまた難関。緊張が半端なし(;´Д`)

 

そりゃ二年もガマンしてればこうなるかな?なんて一人で納得しながら施術にあたりました。

 

 

CIMG1617.JPG

施術結果!

 

院長特殊施術で午前2回・午後3回 計5回

 

何とかなりました(^^♪やったぁ~。自分で自分を褒めてあげたい瞬間(●^o^●)

 

今回もなかなかハードな膝だったぁ~。

 

でもまだ体が正直に施術を受け入れてくれましたので正座までなんとかいけました。

 

 

あとはランニングとかを照準絞ってやっていこうと思います。正座したら感動して、、、。こう言うのは施術冥利に尽きます。

 

良かった良かった(^^♪

 

これからはしっかり月に一回はメンテナンスしに来てくださいね(*^▽^*)

 

CIMG1498.JPGs.JPG

施術前 曲げて痛みがありました。

CIMG1501.JPGs.JPG

施術後 曲げても痛みはありません。

現在、膝の痛みの西洋医学での見解は下記の通りです。

 

膝の損傷は比較的多い外傷の一つで、半月板・前十字靭帯損傷など合併することもよくあります。

※半月板切除術 が主な治療法とされています。

※半月板(はんげつばん)は膝関節の大腿骨と脛骨の間にある三日月に近い形(C型)をした軟骨に似た組織で、内側と外側にそれぞれあります。半月板には膝関節の滑らかな動きを助ける重要な役割(荷重の伝達分散、関節安定性の寄与、潤滑の補助)があります。半月板は周辺部の10-25%までしか血行がなく、それ以外の部位の損傷は自然に治癒しないため、多くの場合、手術が必要となります。

 

 

 

 

 

 

半月板損傷、内側側副靭帯損傷、前・後十字靭帯損傷などの区別が不明確なまま手術に踏み切るケースも多くあります。

病院で「手術はするほどではありません。そのうち良くなるでしょう」といわれたが一向に痛みが解消しないからと来られる方も多いです。

 

また「単に加齢ですから様子を見て下さい。もう良くなりませんので運動をあきらめてください」と言われショックを受けてこられる方もあります。

 

 

 

「ここからが当院の見解、説明です。」

しかし、"年齢"であるとすれば、同じ年齢の方でも元気な方やもっと高齢でも元気な方も居られます!
年齢であるというのであれば必ずある一定の年齢でそのような症状が起こらないと科学的なものではないと考えらてます。

 

 

したがって、膝の痛みに限ってではないのですが、根拠(科学的な論理)のない説明にとどまっていることになります。

 

当院ではそれぞれの状況によって原因が異なって当然だと確信しており、その根拠(科学的な論理)を見つけ出し施術にあたっております。

 

よくよく全身を見ていくと様々な場所で以下が見受けられました。

  1. 身体の捻れ
  2. 筋肉の損傷(疲労)
  3. 靭帯の損傷

1、2、3がほとんどの原因になっております。1、2、3以外では4痛みを我慢していた期間が長く身体がその状態で固定している場合があります。


 
ほとんどの子供達はだいたい数回の施術で運動に支障ない状態になって頂いております。

早期の施術が望ましいと考えます。


痛みをかばうため、身体が捻れてしまうのは当然ですね(´-ω-`)

 

 

当院の施術は心地よくやわらかい動きで施術しますので何の心配もありません。

以上、膝の痛みに関しての大まかな説明になります。

 

また、ラインなどでの相談を受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。
最速の回復を希望でしたら特殊施術での治療をお考え下さい。

 

近隣の方で来院頻度が多ければ通常の施術でも対応は出来るかと思います。

また来院の際にご相談して頂ければ最善の策を提案します。

 

 

お問い合わせ  ※当院は予約優先制です!

0748-33-1712

ラインID @yamamoto

 

接骨院map.gif

目指すところ.jpg

半月板損傷 

施術成果

半月板の損傷や変形性の膝関節だと言われて、手術しましょうと言われていた方も多く来院されております。

 

一回目でもある程度の結果が出せる思いますので手術はもう少し待ってみてください。

手術すると前のように動けなるリスクもあるのでよく考えてくださいね。

 

詳しくはこちらをクリック

半月板の損傷(はんげつばんそんしょう、英:meniscal lesions of the knee、独:Meniskusläsionen des Knies)は膝関節の左右にある内側半月(板)、外側半月(板)が、スポーツ、変形などにより損傷、断裂した状態の一般的な総称で、半月の障害ともいう。

半月板損傷.jpg

内側半月が完全に断裂し、断片が浮遊する状態(膝関節鏡検査)

正常な半月板.jpg

大腿骨(上)と脛骨(下)の間の正常な内側半月(膝関節鏡検査)

概要

形態の差により、正常型と円板型に分けられ、それぞれ病態が異なる。

正常型は成人若年男性に多く発生し、スポーツ、交通事故、労働災害などの外傷が原因となる。発生部位は外側半月に多いのが特徴とされてきたが、近年はスポーツ損傷の増加で内側半月の方が頻度が高くなった。

中でも後節部の断裂が多く見られる。自覚症状としては疼痛、腫脹、歩行障害、膝折れ現象 giving way などが見られ、他覚的には可動制限、筋萎縮、嵌頓、水腫、圧痛などが現れる。

 

円板型は幼時から見られることがある。正常型のものに比べて若い世代に発症し、女性にやや多い。

先天性形態異常とされ、徐々に変性を起こし、弾発膝(ばね膝)、嵌頓などが認められるようになる。外側半月罹患が圧倒的に多い。半月にはこの他、半月嚢腫、骨化症 lunula などの障害もある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

一般外来の中では特に上記のような半月板の損傷をはじめとする膝の痛みを持った方、「正座ができない」「歩いたら痛い」「階段の昇降時に痛む」など悲痛な声が多く、当院でも一番多く症例をみているものです。

 

現在、膝の施術については上記のような悲痛な声があったため、最新の手法を学び成果を出しております。

自分の中で今までの手技で納得できずに苦手意識を持っていた膝の施術は得意になりました。

 

 

このページを見ている方で膝に痛みがありどこに行っても良くならなかった方は是非来院ください。お手伝いさせていただきます。

 

私たちは良くなるのをお手伝いするだけです。


神様ではありません。身体の良くなりたいという声に耳を傾け身体自身が良くなる手助けをするだけです。身体は良くなりたがっているのです。

 

 

お問い合わせ   ※当院は予約制です!!

0748-33-1712


お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。

目指すところ.jpg

お問合せはこちら

☝ラインに飛びます。
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら ※当院は予約制です!

0748-33-1712

受付時間:

9:00〜12:30/16:00〜20:00
定休日:

日曜・祝祭日

水曜・土曜の午後休み

木曜午前休み

お問合せはこちら

ラインでの直院長へ

お問い合わせ☝

0748-33-1712



ID @yamamoto
https://line.me/R/ti/p/%40yamamoto

で検索友達追加。


<受付時間>
8:30〜12:30
16:00〜20:00
(日・祝、水・土の午後除く)

 

当院での喜びの結果

高橋航太さん 10歳

山本接骨院でマッサージを受けたら、足は軽くなり、かかともいたくなくなり、とてもらくになりました。これで野球も思いっきり出来ると思います。

澤田本丸さん ご両親

1度目の治療で、いたみはほとんどなくなったようで、ビックリしました。正直、始めは『ホンマにそんなんでよくなるんか?』と思いました。今は信じてやまないです。

北村澄子さん 72歳

正座はとても無理でした。
6回目でこんなに早く正座が出来る様に成るとは思ってませんでした。とてもうれしいです。もう少し頑張ります。
よろしく。

ご案内

通常施術時間
 日祝

午前

××
午後×××

午前:8:30〜12:30
午後:16:00〜20:00

住所

〒523-0031
滋賀県近江八幡市堀上町
318-5

ご連絡先

山本接骨院

0748-33-1712

0748-33-1712

https://line.me/R/ti/p/%40yamamoto

院長:山本 慶人

施術案内はこちら

格闘家 山本 篤