オスグッド・シーバー病、成長痛、野球肩・肘などスポーツのケガ、交通事故のケガの施術、パーソナルトレーニングなら、滋賀県近江八幡市の山本接骨院へ

本整体院 パーソナルトレーニングジム


〒523-0031 滋賀県近江八幡市堀上町318-5

なぜ、3、4か所以上病院、整体院に行ってもなかなか改善しなかった症状を県外から受けに来るのか!?
※施術してその後のケアが大切!パーソナルトレーニングで強い身体になる!
 

受付時間

9:00〜12:30
16:00〜20:00

定休日

日・祝、水・土の午後 木曜午前

お気軽にお問合せください

0748-33-1712

膝専門 施術  

成長痛、子供の膝の痛み (オスグッド)
 

最近は半月板損傷やオスグッドはよくなると言うことが周知されてきたようです。

20年前なら良くなるなんて考えられませんでした。

 


私の師匠(故 山田洋 先生)がその施術法を開発してから色んな場所でその施術法は、まがりなりとも活用されて来ました。

 

しかし、当院を目指して遠方から来られる方の多くは近隣の治療院での施術でその時は良くはなるけれども・・・。

 


何度も再発するというケースや、少しは良くなるんだけれどもまだ完全ではない、と言ったものが多く来院されています。

 

これは先ほど「まがりなりとも」と言う発言の通りなのです。


しっかりと師匠(創始者)に習わず、見よう見まねでのものだからなのです。「似てはいても結局は非なるもの」(見た目は似ていても全く本質が異なるもの)なのです!

 

 

施術報告

オスグッド 半月板損傷 変形性膝関節症 

内側側副靭帯損傷 ジャンプ膝 タナ障害など

膝の痛みや曲がらないなどの症状全部対応可能!!

 

膝専門外来の中では特にオスグッドや半月板の損傷、変形性膝関節症など膝の痛みを持った方、

 

「正座ができない」「歩いたら痛い」「階段の昇降時に痛む」など悲痛な声が多く、当院でも一番多く症例をみているものです。

 

 

開業当時、特に膝の施術については未熟で痛みを取り切れずにおりました。

 

あまりにも自分の不甲斐なさを実感して自分で納得できる治療法を模索して探し当ててから早くも10年以上が経過しました。

 

苦手意識を持っていた膝の施術は得意になってしまいました。

 

 

このページを見ている方で膝に痛みがありどこに行っても良くならなかった方は是非来院ください。お手伝いさせていただきます。

 

私たちは良くなるのをお手伝いするだけです。


神様ではありません。身体の良くなりたいという声に耳を傾け身体自身が良くなる手助けをするだけです。身体は良くなりたがっているのです。

 

 

詳しくは、実際にみさせて頂いてからお伝えしております。

 

 

追伸

膝は特に私が治したかった症例でしたので特に力を入れております。

 

改善のためには特殊施術でしたら3回~5回くらいは受けてください。

 

 

集中施術 (特殊施術) などは2日、3日(一日中)頂けると何とか出来る可能性はありますが、一回で何とかしようとしたい方は・・・。

 

お互いに良くないので、お断りいたします。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

岐阜県高山市から片道約6時間の道のり オスグッド

お父さん

本人

DSCN0295.jpg

卒業写真

動画でも説明がありましたが、遠方の岐阜県高山市から来られました。

 

膝の痛み(オスグッド)を抱えながら野球を踏ん張ってやっていた(ボーイズリーグ)ようです。

 

施術後、痛みが無いことを確認して施術終了となりました。遠方の方には宿泊スタイルがおすすめです。

 

結果は必ず出ます。あとは決断のみです。

 

 

三重県 バスケットバール部 オスグッド

本人

お母さん

オスグッドでも無理をして無理をして・・・。バスケットボールで足が痛いのを我慢してやり続けていたそうです。

 

 

やればやるほど痛みは増すばかり・・・。当たり前のことですがしっかりとストレッチもしなければ身体はいうことを聞いてくれません!!自分の身体は自分で管理しないと!


オスグッドは身体からの悲鳴です。その悲鳴に気付いてしっかりと治してあげましょう!
あとは、もう少し身体の使い方を上手になってください。その使い方はお教えします。

 

 

大阪からオスグッドでの来院 走るのが出来ない・・・

オスグッドによって膝の痛みが強く、走るのはもちろん、ジャンプする動作も痛みがありました。

 

こんな状態でよくやっていたなぁと感心?させられましたが・・・。自分の身体をいじめすぎですね。

 

確かに自分を鍛えるのは大切なことですがそれとこれは話が別!


この痛みの原因をしっかりと完治させれば痛みを我慢せずもっと自分の体力の限界に挑戦できます。

 

体力を付けるには痛みは邪魔なものです。痛い状態よりも痛くない状態が良いに決まっています。

 

特にオスグッド、半月板損傷は改善できます。当院は全国でも珍しい専門院であり、同時にスポーツ障害のエキスパートです。

 

半月板損傷やオスグッドで当院に来ない理由はなんでしょう?

遠いから?お金が高いから?

 


北は長野県や、群馬、埼玉、南は九州の鹿児島からも来院されています。距離で言うと海外【中国、シンガポール、アメリカ】からも来られました。

 

嘘のような本当のことです。

 

そして見当違いのやり方にどんなに時間とお金をつぎ込んでも改善しません。


「時は金なり」ですし、「安物買いの銭失い」になってしまうともったいないです。

 

当院では、笑顔(結果)を見せる自信があるからこその提案です!

あとはお任せください!

 

何か質問があればラインなどでお問い合わせください。

 

※当院は予約制です。

初回の方はお電話でご予約下さい!!

受付画像.jpg

片道3時間かけて石川県から 両膝オスグッド少年11歳

電話があり、「今から石川県から息子を連れて行きます。」との事で3時間以上掛けて来院されました。

 

早速、施術前の写真撮影。この子の膝はなかなか難しい。実際、身体の捻れや筋肉の緊張が他の子よりも強力で歯が立たない感じを受けました。

 

 

遠くからの来院の子は特に一日で結果を出してあげたいと思い施術にあたるのですが、今回は一日二回施術して少し改善したかなって程度で自分としては納得いかないものでした。

 

次回は一泊二日で来てもらってもっとじっくりみせてもらおうと思います。

 


重症の子は一日二、三回集中してみせてもらえると結果が出しやすいです。ほんとに重症の子は、何回か施術しないとなんともならないです。


遠方の方は一泊二日程度を予定して来院してもらえるとありがたいです。

 

 

日帰りで何時間もかけて来てもらうのも良いのですが、運転もなかなか大変だと思います。
旅行気分でストレスなく来てもらえると良いかもしれません。

 

 

CIMG1793.JPG

左膝90度程度での痛み。

CIMG1794.JPG

右膝は左よりは曲がりますがここで痛み。

今回は思うように痛みを取りきれなかった為、お母さんに宿題を出させていただきました。自宅で出来る簡単な方法をお教えさせて頂きました。

身体のケアをお母さんに手伝ってもらって普段から良い状態にしましょう!

CIMG1804.JPG

CIMG1803.JPG

一泊二日の膝施術

上記のその後、すぐにお電話頂き、一泊二日での膝施術に参加される事になりました。

前回の施術でかなり良くなったので今までの施術をするよりも遠いけどしっかり良くしたいと親子で決意されたようです。

 

そんな決意されて来ている方なだけにかなりのプレッシャーではありましたが、必ず良くなるという信念で全力投球させて頂きました。

 

 

施術前に前回からどう変わったかを聞き、できるようになった事やまだ痛い姿勢や動きを確認しました。

 

まだ正座は痛く走るジャンプも痛みがあるとのことでした。施術をしながらよくよく確認していると膝のお皿(膝蓋骨)が外に逃げて行くではありませんか!?

 

 

今までの症例では珍しい発見でした。この動きを止めるとあら不思議。

痛まないのです。一日目は2回の施術と確認で終わり、二日目には施術と自分で痛くならないようにする方法を教えて完了。

 

 

一泊二日の施術も恒例のダッシュで確認して無事に終わりました。写真撮りました。

 

 

CIMG1805.JPG

CIMG1806.JPG

嬉しそうにお母さんに報告「痛くない」お母さん「遠くまで来て良かった」最高のお言葉頂きました。感想文も頂きました。感謝感謝。

CIMG1816.JPG

石川からホームページを見て来ました。

息子が足がいたくなって走れず正座も出来ず部活も休んでいましたが先生のおかげで走れてジャンプも出来、体もかるくなり本当に良かったです。

 

私自身も体もしてもらい同じく軽くなって親子共々感謝しています。ありがとうございました。

CIMG1817.JPG

バスケをしていたので膝が痛かったけどなおしてもらったら正座ができなかったぐらい痛かったのに正座ができるようになったのでいい事をしてもらったのでいいと思いました。

バスケット少年11歳、両膝

バスケットをしていてかなり長い間痛みを我慢していたようです。

 

病院では痛み止めとシップ。痛みが引かないけど練習したくて無理にしていたそうです。

 

そうでないとレギュラーが危ういとの事。でも、痛みを我慢して練習しても楽しくないし、上手くなれないぞ!!しっかり良くしてからやればすぐに追いつく

 

 

CIMG1785.JPG

さて、施術にとりかかりましょう!!

CIMG1789.JPG

施術前、痛々しいです。

CIMG1790.JPG

施術後はなんのその!!

最近は足首が硬い子が多いです。

正座しようとしても足首が硬くてやり難いみたいです。この足首もしっかり緩めていたないといけません。これからはしっかり身体のケアをしていきましょう!

CIMG1791.JPG

「ランニングしてみましょう」って言う前から走り出してしまいました。

CIMG1792.JPG

せっかくなので接骨院の広告に。でもすごい笑顔でしょ?

今までぜんぜん走れなかったのでうれしいはずですよね。良かった良かった。

でも100%ではもう少しなのでしっかり施術、ケアをして行きましょう!

感想頂きました。

CIMG1801.JPG

病院で・・・と言われた時、本当にがっかりした事を思い出しました。

 

悲しいというか残念で親子で絶望しました。こちらの先生のうわさをきいて来院した時、「大丈夫。」と言われた時は「本当かな・・・?」と半信半疑でした。

 

1回目の施術で疑いは消え、じっくり施術して頂いて「大丈夫。」の先生の言葉を確信しました。

 

今は早く思うようにコートを走り回る息子を精一杯応援したい気持ちで一杯です。ありがとうございました。

CIMG1802.JPG

施術する前まではバスケットでジャンプをしたり、膝を曲げたりするときにかなり膝が痛かったけど、

 

施術をしてもらった後は正座をしたり、屈伸したりしてもほとんど痛くなくなりました。

 

 

これからはちゃんとストレッチ等をしっかりして痛みが完全にとれたら良いなと思います。

中2?(14才)のサッカー少年・両足

急遽昨日、お母さんから電話があり、施術することになりました。

予定があいてて良かった。来院して状態・事情をお母さんからをきく。

 

お母さんも息子がこんなにひどいとは思ってなかったようで、すごく驚いておられました。

もちろん正座はできないし、力は入らない、その場で足踏みしても膝に響く痛み。

 

 

お母さんや家族の方はできるだけいろんな意味で見てあげてほしいと思います。ちょっとしたところにその痛む原因が隠れています。

 

 

CIMG1760.JPG

右足はここで痛み

CIMG1761.JPG

左足はここで痛み

施術後 ↓ 写真 の数々

CIMG1762.JPG

CIMG1763.JPG

CIMG1764.JPG

ランニングにも挑戦!!普段恐々走っていたそうですが、走っても痛くなく身体が軽い。

感想文を頂きました↓

CIMG1765.JPG

息子を連れて来ました。正座が出来ない息子を初めて見てびっくりしましたが、先生の施術のもと走れるほどにもなりうれしく思いました。

息子の痛みに気付いてやれず、申し訳ないと思いました。

少しずつよくなるように来院したいです。光が見えてきました。ありがとうございました。

CIMG1767.JPG

施術を受ける前はすごく痛くて正座も出来ませんでした。

けど、施術を受けてから正座ができtらのでめっちゃびっくりしました。

走るときも痛かったけど全然痛くなくて前より早く走れるようになりました。

他の病院ではどうにもならないと言われましたが、山本接骨院にきたら良くなったのでびっくりしました。

サッカーの試合で今まで以上に活躍するだろうと思います(笑)チームの中に膝が痛い人が何人かいるので紹介してあげたいと思います。

右膝(12歳小6)サッカー少年の場合

CIMG1623.JPG

CIMG1624.JPG

歩くのも痛い。もちろんサッカーなんて痛くてできない。横になって右膝を曲げてもらうとこれくらいですでに痛みが出ます。

右膝で踏ん張ってもらったら90度くらいで痛くて曲げられない!!正座なんてもちろんしません。

だって痛いもん。

施術開始

まず、この子の場合は歪みが酷かったです。

お母さんに聞いてみると前には腰や股関節に痛みなどが出ていたようです。

 

子供達はすごく色んな痛みに耐えてきた子供が多いんです。

病院では成長痛だから仕方ないとか言われて施術といえば電気と湿布、痛み止め!?

 

 

本人はなんで自分だけこんなに痛いん?他の友達は何ともないのにどうして自分だけってストレスを受けていきます。

両親が心配している以上に子供の体は蝕まれていきます。早く施術を受けさせてあげてください。

 

お願いします。

 

背中、腰の張りは超一流!!こんなんで褒められたくない。ホントにこの子に限らず大人顔負けの張り張り張り、、、です。

 

で、施術後は↓の通り!!「嘘!?痛くない!!」「なんで??×100」

 

 

CIMG1626.JPG

CIMG1627.JPG

踏ん張るのもしっかりできます。なんてったって正座ができた!!

お母さんもこれでわかってくれたかな?あとは少しずつ運動になれていくようにしましょう!!いきなり100%では無理ってもんですから。

CIMG1635.JPGs.JPG

施術を受けた後サッカーをしてもいつもより痛みはましだったし、正座もできた。(本人)

 

施術をする前としてもらった後で足が驚くほどすんなりと曲げることができて、本人も痛みが全くなくぶっくりしました。


家でもがんばってストレッチを続けて少しずつ良くなっていってほしいです。(お母さん)

両膝の野球少年(14歳中1)の場合

CIMG1613.JPG

CIMG1612.JPG

この子の場合は両膝。ふらふらよくガマンしてきたなぁ。

その根性は認めましょう!でも体を騙してきた代償は大きいぞぉ~。
なんたって二年間ガマンし続けてきたツワモノだ!!こりゃ大変だぁ~(泣)

 

 

施術開始

この子はすごいガマンしてきたせいで膝を触るだけでも痛くなるんです。

 

なかなか膝を触れないので膝以外の場所から施術していきました。

急がば回れ!!周りまくってなんとか膝の施術へ!ここからがまた難関。張ってる張ってる!!

 

そりゃ二年もガマンしてればこうなるかな?なんて一人で納得しながら施術にあたりました。

 

 

CIMG1617.JPG

やったぁ~。

今回はなかなかハードな子だったぁ~。

 

でもまだ体が正直に施術を受け入れてくれましたので正座までなんとかいけました。

 

 

あとはランニングとかを照準絞ってやっていこうと思います。正座したら感動して、、、。こう言うのは施術冥利に尽きます。

 

CIMG1634.JPGs.JPG

施術にきました。最初は良くならないと思っていました。

でも、山本先生に施術をしてもらうと、痛みがだいぶましになりました。

 

まだ二回目だけど、走れるぐらいになりました。

最初はもう、あるくだけで痛かったのに、ここにきたら走れるようになりました。


チームメイトにもいるので山本接骨院に言ったら「良くなるで」と教えてあげたいです。(本人)

 

CIMG1633.JPGs.JPG

HP(ホームページ)で見て施術に来ました。


どこの整形外科に行っても成長痛です。といわれるだけでこれといった施術法はなくガマンしてサッカーを続けていました。

 

施術してもらって1回で痛みがなくなり、二年ぶりの正座が出来るようになり、「ほんまか?」「治るん?」と驚きました。

 

まだ2回しか施術に来ていませんが、サッカーが出来るようになり、うれしく思っています。

 

もうちょっと腫れがあるみたいですが、生活態度についても直してもらえるのでよかったです。(お父さん)

 

CIMG1464.JPGs.JPG

施術前は90度程度で痛みが出ていました

CIMG1468.JPGs.JPG

施術後は完全に曲げてもO.K

現在、膝の成長痛の西洋医学での見解は下記の通りです。

小学校高学年から中学校の生徒が、積極的なスポーツ活動をしているうちにひざ膝の前面(けいこつそめんぶ脛骨粗面部)に痛みや骨の隆起を訴えます。

 

 

その多くは10代前半に好発する代表的な成長期に起きる骨の病変で、脛骨粗面のこったんなんこつ骨端軟骨に分離や遊離(骨が一部はがれること)が生じる障害です。

 

症状は、スポーツ時の膝前方部分の痛みや腫れでひどい時には通常の歩行時にも痛みを訴えることもあります。

発生原因には色々な説がありますが現在ではスポーツなどによる"使いすぎ"の一つされ、非常に広い意味での疲労骨折と考えても良いと思います。

 

 

膝を伸ばす筋肉であるだいたいしとうきん大腿四頭筋(太ももの筋肉)は、ひつがいこつ膝蓋骨(お皿と呼ばれる骨)とひつがいじんたい膝蓋靱帯(お皿の下のすじ)を介し脛骨粗面に付着しています。

 

その区別が不明確なまま成長痛と一般には呼ばれているケースも多くあります。

病院で「成長痛です。そのうち良くなるでしょう」といわれたが一向に痛みが解消しないからと来られる方が多いです。

 

また「成長痛ですから24~25歳になれば自然によくなります。

それまで運動をあきらめてください」と言われショックを受けてこられる方もあります。

 

 

 

「ここからが当院の見解、説明です。」

しかし、"使いすぎ"であるとすれば、同じ練習をしている子供達全員
そのような症状が起こらないと科学的なものではないと考えらてます。

 

 

したがって、成長痛に限ってではないのですが、根拠(科学的な論理)のない説明にとどまっていることになります。

 

当院ではそれぞれの子供達によって原因が異なって当然だと確信しており、その根拠(科学的な論理)を見つけ出し施術にあたっております。

 

 

 

  1. 身体の捻れ
  2. 筋肉の損傷(疲労)
  3. 靭帯の損傷

1、2、3がほとんどの原因になっております。1、2、3以外では4痛みを我慢していた期間が長く身体がその状態で固定している場合があります。


 
ほとんどの子供達はだいたい数回の施術で運動に支障ない状態になって頂いております。

早期の施術が望ましいと考えます。


痛みをかばうため、身体が捻れてしまうのは周知の通りです。

 

 

当院の施術は心地よくやわらかい動きで施術しますので何の心配もありません。

以上、成長痛の大まかな説明になります。

 

また、メールなどでの相談を受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。
特殊施術での治療を承っております。

 

 

 

お問い合わせ  ※当院は予約優先制です!

0748-33-1712

ラインID @yamamoto

 

接骨院map.gif

目指すところ.jpg

半月板損傷 

施術成果

CIMG1498.JPGs.JPG

施術前 曲げて痛みがありました。

CIMG1501.JPGs.JPG

施術後 曲げても痛みはありません。

半月板の損傷だと言われて、手術しましょうと言われていたかたも多く来院されております。

一度騙されたと思って来て見て下さい。 

詳しくはこちらをクリック

半月板の損傷(はんげつばんそんしょう、英:meniscal lesions of the knee、独:Meniskusläsionen des Knies)は膝関節の左右にある内側半月(板)、外側半月(板)が、スポーツ、変形などにより損傷、断裂した状態の一般的な総称で、半月の障害ともいう。

半月板損傷.jpg

内側半月が完全に断裂し、断片が浮遊する状態(膝関節鏡検査)

正常な半月板.jpg

大腿骨(上)と脛骨(下)の間の正常な内側半月(膝関節鏡検査)

概要

形態の差により、正常型と円板型に分けられ、それぞれ病態が異なる。

正常型は成人若年男性に多く発生し、スポーツ、交通事故、労働災害などの外傷が原因となる。発生部位は外側半月に多いのが特徴とされてきたが、近年はスポーツ損傷の増加で内側半月の方が頻度が高くなった。

中でも後節部の断裂が多く見られる。自覚症状としては疼痛、腫脹、歩行障害、膝折れ現象 giving way などが見られ、他覚的には可動制限、筋萎縮、嵌頓、水腫、圧痛などが現れる。

 

円板型は幼時から見られることがある。正常型のものに比べて若い世代に発症し、女性にやや多い。

先天性形態異常とされ、徐々に変性を起こし、弾発膝(ばね膝)、嵌頓などが認められるようになる。外側半月罹患が圧倒的に多い。半月にはこの他、半月嚢腫、骨化症 lunula などの障害もある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

一般外来の中では特に上記のような半月板の損傷をはじめとする膝の痛みを持った方、「正座ができない」「歩いたら痛い」「階段の昇降時に痛む」など悲痛な声が多く、当院でも一番多く症例をみているものです。

 

現在、膝の施術については上記のような悲痛な声があったため、最新の手法を学び成果を出しております。

自分の中で今までの手技で納得できずに苦手意識を持っていた膝の施術は得意になりました。

 

 

このページを見ている方で膝に痛みがありどこに行っても良くならなかった方は是非来院ください。お手伝いさせていただきます。

 

私たちは良くなるのをお手伝いするだけです。


神様ではありません。身体の良くなりたいという声に耳を傾け身体自身が良くなる手助けをするだけです。身体は良くなりたがっているのです。

 

 

お問い合わせ   ※当院は予約制です!!

0748-33-1712


お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。

目指すところ.jpg

お問合せはこちら

☝ラインに飛びます。
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら ※当院は予約制です!

0748-33-1712

受付時間:

9:00〜12:30/16:00〜20:00
定休日:

日曜・祝祭日

水曜・土曜の午後休み

木曜午前休み

お問合せはこちら

ラインでの直院長へ

お問い合わせ☝

0748-33-1712



ID @yamamoto
https://line.me/R/ti/p/%40yamamoto

で検索友達追加。


<受付時間>
8:30〜12:30
16:00〜20:00
(日・祝、水・土の午後除く)

 

当院での喜びの結果

高橋航太さん 10歳

山本接骨院でマッサージを受けたら、足は軽くなり、かかともいたくなくなり、とてもらくになりました。これで野球も思いっきり出来ると思います。

澤田本丸さん ご両親

1度目の治療で、いたみはほとんどなくなったようで、ビックリしました。正直、始めは『ホンマにそんなんでよくなるんか?』と思いました。今は信じてやまないです。

北村澄子さん 72歳

正座はとても無理でした。
6回目でこんなに早く正座が出来る様に成るとは思ってませんでした。とてもうれしいです。もう少し頑張ります。
よろしく。

ご案内

通常施術時間
 日祝

午前

××
午後×××

午前:8:30〜12:30
午後:16:00〜20:00

住所

〒523-0031
滋賀県近江八幡市堀上町
318-5

ご連絡先

山本接骨院

0748-33-1712

0748-33-1712

https://line.me/R/ti/p/%40yamamoto

院長:山本 慶人

施術案内はこちら

格闘家 山本 篤